CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
アニマル横町 12 (りぼんマスコットコミックス)
アニマル横町 12 (りぼんマスコットコミックス) (JUGEMレビュー »)
前川 涼
最新12巻発売中!!***以下続巻(予)

13巻 3月発売予定!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

エッセイ風味[blog]

前川のささいな日常の日記。
更新は前川の仕事やテンションにより
不定期・気まぐれです。ご了承くださいm(_ _)m
★リンクフリーです。
<< 旅なう。 | main | おふたり。 >>
東北関東大震災
東北関東大震災でお亡くなりになった方に心からお悔やみ申し上げます。


震災前の事ですが。
茨城県のお知り合い(と言っていいのか…)の方が、日記を楽しみにしていると聞いたので、まだこんなとこを見る余裕はないかもしれないけど、少しでも楽しみにしていただければ。と思って、更新します。(しかしこんなに更新してなかったなんて…!)

今回の地震、私は九州なので揺れはもちろん、場所的に津波、その他節電のための停電などの影響もありません。
なのでいつもと全然変わらない町中と、テレビで流れる映像とのギャップにただ呆然としていました。
ちょうど原稿をやらなくてはいけない時期だったけど、テレビやツイッター上の情報から目が離せず、そうしているうちに「あんな事が起きているときに、ギャグ漫画を描くこと」その為に面白い、楽しいことを考えるのがとても不謹慎に思えてなりませんでした。

ツイッター上で漫画家さんの「私の漫画で楽しませるんだ!」というつぶやきを見ても、「私の漫画でそんな事が出来るのか?」と思っていました。

でもニュースで、避難されたご家族の映像を見て、そのお子さん達が、きゃっきゃっとニコニコ笑っているのを見て、「きっとお母さんが子供達が怖くないように、なるべく辛い思いをしないように頑張っているんだ」と思いました。お母さんだって怖くて不安で疲れているだろうに。

家があって、電気も水道もあって、ご飯もあって、家族が当たり前にいる状況で、自分はなにを甘えているんだろうと思いました。
あの地震、津波を見て、怖いと感じない人なんているわけない。
でも被災地の方は必死で生きてる。
ヌクヌクとしている自分が「ショックで仕事にならない」なんてバカにしてんのか!

今私がやれること、というか、やるべきことは、ちゃんと仕事をして、来月復興に動き出しているだろう頃にいつも通りにりぼんに載ること。被災地も他の地域でも、りぼんでアニ横を見てくれる人達に「いつも通りに」アニ横を提供すること。

来月5月号も、もちろんアニ横載ります!
見てくれた人が、少しでも楽しい気持ちになれますように。

そして被災地の皆さまに1日も早く「当たり前」の日が戻りますように、心からお祈りいたします。
| 12:18 |- | - |